新築戸建て「最新エコ事情」

エコ
新築戸建て「最新エコ事情」

最新のエコを取り入れた新築戸建てに住むことによって、地球環境に優しい暮らしをしてみませんか?最新のエコ関連設備や技術の概要に加え、初期投資やランニングコストの目安などのコスト感をチェックしていきましょう。

新築戸建てにみる、最新のエコ設備

新築戸建てには、太陽光発電システムを導入したオール電化の住まいや、ガス方式の瞬間給湯システム「エコジョーズ」を導入して、必要なときに必要量のお湯を沸かすことができる住まいがあります。また、購入者の希望に応じて様々なエコ設備が提供されるケースも増えています。ご家族の生活スタイルや優先したい事項によっても、検討してみる価値はありそうです。もしも健康面を重視したい方であれば、建築素材自体にこだわるのもよいでしょう。耐久性が高く、身体への悪影響がない自然素材として知られる無垢材の建築を考えるのもひとつです。さらに、四季を通じて寒暖差が大きい日本特有の気候の中でも快適に過ごすために機密性や断熱性能を高められる床や壁・天井に断熱材を施すことも、エコにつながります。

エコ設備を搭載した場合の様々なコスト

新築戸建て「最新エコ事情」

エコ関連の設備を新築戸建てに搭載する際には、設置にかかる見積もり内容を精査し、初期投資にかかる費用やランニングコストを把握しておきましょう。例えば、太陽光発電システムを導入する場合には、初期投資として、回収期間が10年~20年と言われる高額な機器購入費用などが発生するため、国や自治体からの補助金制度を利用することができる可能性があります。発電量が、自宅での電気消費量を上回る場合には、売電によって収入を得ることも可能ですので、システム全体の費用対効果を見て、比較検討することが必要です。ランニングコストは各家庭の利用の仕方によっても異なりますので、賢くエコ設備を利用できるプランを選択したいものです。

※上記の記事は、2015年10月現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

上へ戻る
おすすめ物件を見る