学校に近い家を買うメリットとは?

子育て
学校に近い家を買うメリットとは?

子育て世代が家を買う時に考えるのは子どもが通う学校からの距離ではないでしょうか。高校や大学になれば遠くても通えますが、幼稚園や小学校の間はできれば徒歩10分以内の距離で探したいという傾向にあります。

学校に近い家、親から見たメリットは?

子育て世代が家を購入する際、幼稚園や小学校、中学校のいずれかが徒歩10分以内を希望に挙げるケースが多いです。実際に学校の近くに住むと、どのようなメリットがあるのでしょうか。親にとって学校の近くに住む一番のメリットは、安全性でしょう。子どもを狙った犯罪や交通事故を未然に防ぐため、子どもが小さいうちはできるだけ親の目が届くところにいて欲しいと思うものです。学校から家までの距離が短いと、家の前まで他の生徒と一緒に登下校できる場合も多く、最後に1人だけになって歩く心配が少なくなります。また子どもが幼稚園や小学校に通っていると、運動会や授業参観などの学校行事、送り迎えや忘れ物などで学校に出向く機会も多いもの。学校から近ければ往復にかかる時間も短縮でき、天気が悪いときもあまり苦にならずに出向くことができます。また、中学生くらいまでは、けがや体調不良などで学校からの呼び出しがあることも考えられます。そのような緊急時にすぐに駆けつけられるというのもメリットでしょう。さらに学校などの教育文化施設の周辺は都市計画により用途制限がかけられているため、環境が良いというのも魅力です。

子どもからみたメリットは?

学校に近い家を買うメリット

子どもから見た最大のメリットは、登下校の時間が短いことでしょう。特に小学校低学年のうちは、大人が徒歩10分程度で歩ける距離も、ランドセルを背負って歩くと20分以上かかることもあります。雨や雪、強風など天気が悪いときは、学校に行くだけでヘトヘトになってしまうこともあり、学校が近いのは大きな利点でしょう。また、小学生になると一旦下校してから校庭で遊んだり、友達同士で待ち合わせをして出かけたりする機会も増えてきます。そのような場合にも、学校が近いと待ち合わせをしやすく、遊びに行くまで時間がかからないので長く友達と遊べるというメリットもあります。

※上記の記事は、2015年10月現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

上へ戻る
おすすめ物件を見る