住宅ローン金利の選び方をチェック。

マネー
住宅ローン金利の選び方をチェック。

新築一戸建てを購入する際、まず気になるのが住宅ローンの総返済額ではないでしょうか。わずか数%の金利の差で総返済額は大きく変わることもあります。無理のない返済額にするためにも金利選びはプロの力も借りて慎重に進めましょう。

住宅ローン金利の種類

住宅を購入する場合、大半の方が住宅ローンを利用します。住宅ローンを利用する場合、重視するのが「金利」です。ここでは、基本的な金利について確認していきましょう。住宅ローンの金利タイプは大別すると3つあります。1つ目は、金利が1年に2回見直される「変動金利型」タイプ。変動金利の場合、5年間は返済額の変更はありません。金利が上がっても返済額は増えないためリスクは低減されますがその代わり、金利の上昇幅が大きい場合、返済額に占める金利の割合が増えることになるため、元本がなかなか減らないという状況になります。

固定か変動か

住宅ローン金利は今後どうなる。戸建てを買うなら今!?

2つ目は、「全期間固定金利型」タイプです。民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現した最長35年長期固定金「フラット35」がそれにあたります。返済までの全期間にわたって金利が同じのため返済額が変わりません。そのためライフプランに合わせて返済計画が立てやすいという特徴があります。ただし、金利が低いときに借り入れればメリットは大きいですが、逆に金利が高い時期に借りてしまうとその金利をもとに返済額がきまるためリスクもあるので注意が必要です。
最後の3つ目が、「固定金利期間選択型」タイプです。固定金利選択型は、ある一定期間(2年、3年、5年、10年など)は固定金利で返済し、その後のローン返済は異なる返済方式で金利を支払うタイプの住宅ローン金利です。固定金利の期間終了後は、固定金利もしくは変動金利のどちらかを選択することが可能です。ただし見直し時期の金利が上昇していた場合はその分返済額も増えるので注意しましょう。住宅ローンにはメリットやデメリットが存在します。まずは、不動産会社や金融機関の担当者に相談をして、自分にあった金利や借入期間などを検討しましょう。

※上記の記事は、2015年10月現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

上へ戻る
おすすめ物件を見る