• ぽらコラム > 
  • 新築戸建て購入者は教育環境にこだわりがある!?

新築戸建て購入者は教育環境にこだわりがある!?

子育て
新築戸建て購入者は教育環境にこだわりを持っている!?

マンション購入者の多くは、利便性や価格、マンションが立地する街を重視して選んでいるといわれます。一方、教育環境を重視して家を探す人たちは、マンションではなく戸建てを選ぶ傾向が強いようです。戸建てを選ぶ理由や、戸建てならではの教育環境の利点とは何でしょうか?

なぜ教育環境を重視すると戸建てになるのか?

戸建て購入者の多くが、物件を購入する際に重視しているのが「価格」と「環境」と言われています。住環境はもちろんですが、戸建て購入者が物件選びで重視しているのが「教育環境」です。戸建てを購入する世代の多くは、子育て世代が多く、戸建てを購入するタイミングは子どもが小学校に入学する前後という家庭が多いようです。できれば転校を避けたいという場合、現在住んでいる学区内で家を探すということになります。もしも転校を視野に入れた場合も、子どもが学校に通いやすい距離で家を購入したいと考えるケースが多いでしょう。

戸建てならではの教育環境の利点とは?

新築戸建て購入者は教育環境にこだわりを持っている!?

戸建てを選ぶ際は、子育てのしやすさに注目してみてはいかがでしょうか。幼稚園、小学校、中学校が徒歩10分以内のエリアであれば、子どもが学校に通いやすく、親にとっても安心できることが大きなメリットです。特に、小学生のうちはできるだけ親が見守りたいもの。その点からも、家が学校の近くにあることは大きな魅力です。戸建ての多くは第一種低層住居専用地域に建っていますが、この区域は高層マンションや商業施設などを建てることができないため、良好な環境を保ちやすいという利点があります。また、学校周辺は都市計画による用途制限で良い環境を維持できるようになっており、子育てしやすいという面もあります。子どもにとっては、戸建てで階下への音などを気にせずのびのび過ごせたり、楽器の練習やペットを飼ったりできるのも大きなメリットです。家族でモデルハウスを見学して、住んでからのイメージを拡げてみてはいかがでしょうか。

※上記の記事は、2015年10月現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

上へ戻る
おすすめ物件を見る